INTERVIEW

OUR PEOPLE

  1. TOP
  2. 社員紹介
  3. 社員インタビュー03 森本侑治
森本 侑治

中日本営業部 京都DS 
京都中央BL(ブロックマネジャー)

森本 侑治MORIMOTO YUJI

  • 経営学部 経営学科卒
  • 2014年入社
  • 趣味: サッカー、フットサル、音楽鑑賞

経営者的な視点と行動が
要求される仕事に、
大きなやりがいを感じています。

なか卯には、求めていた条件がそろっていた。

なか卯には、
求めていた条件がそろっていた。

私は、高校時代はサッカー部、大学時代は仲間とフットサル部を創設し、練習と試合に打ち込んできました。しかし、大学3年生の夏に怪我をし、約一年間、クラブ活動ができませんでした。怪我で休んでしまった分、卒業するぎりぎりまで、仲間とフットサルを続けたい、それが私の願いでした。その願いを叶えるためには、一日も早く魅力的な会社と出会い、内定をもらい、就職活動を終えなければなりません。早い段階からさまざまな企業の説明会に参加。その中で最も魅力を感じた企業がなか卯でした。採用担当者の人柄から伝わる、温かく風通しの良い社風、着実に成長できるキャリアアップ制度、年4回実施される昇格制度、高水準な給与制度など、なか卯には、私が求めていた条件がほぼすべてそろっていました。また、就職活動を早めに終わらせたかった私にとって、説明会から面接、内定までスピーディに進んだことも入社の決め手になりました。

結果を出していくことに、大きなやりがいと誇りを感じる。

結果を出していくことに、
大きなやりがいと誇りを感じる。

入社後は、1店舗のストアマネジャー(店長・以下SM)からスタート。SMを約1年半経験し、エリアマネジャー(以下AM)へ昇格。複数店舗のマネジメントを通じて、高度な店舗オペレーションを約2年間経験し、昨年の10月、さらに多くの店舗のマネジメントを担うブロックマネジャー(以下BM)に昇格しました。SM時代は店長を任されている店舗の運営管理に集中できますが、AM、BMへ昇格するにつれて、複数店舗の売上、人件費、食材等の管理だけでなく、店舗ごとに状況観察・分析を行い、課題を見出し、対策を考え、実行する、という、戦略的な取り組みが重視されます。また、各店舗のアルバイトやパートスタッフ(以下クルー)の勤務シフト調整や採用活動に関してもSM、AMの相談に乗り、さまざまなアドバイスを行います。チェーンストアにとって、マニュアルは運営管理のベースに過ぎません。店舗のある地域、お客様の属性・傾向、店舗の規模など、ひとつとして同じ条件・環境の店舗はなく、そこで働くクルーのスキルや個性も千差万別。さらに、廃棄食材の低減化や衛生管理の徹底に向けた取り組みなど、外食企業にとって永遠のテーマといわれる課題にも対応しなければなりません。BMの業務は幅広く、数値管理から販売促進、クルーの働き方の領域に至るまで、経営者的な視点と行動が要求されます。ときには悩むこともありますが、そのすべてに取り組み、結果を出していくことに、大きなやりがいと誇りを感じています。

外食業界の魅力を社会に発信し、イメージアップに貢献したい。

外食業界の魅力を社会に発信し、
イメージアップに貢献したい。

SMからAM、BMへ昇格するほど、自分の発想や判断を店舗運営に反映できる、それもなか卯で働く魅力です。私の場合、BMに昇格して最初に担当した千葉県内の10店舗で、クルーの時給アップを実施しました。慢性的な人手不足に悩んでいた10店舗の状況分析を行い、私自身の経験から“思い切った時給アップが優れたクルーの採用につながる”と判断したのです。BMの仕事は、自分の経験を店舗の改善や売上アップに活かすだけでなく、SM、AMを育成し、彼らの成長をリードすることも大切なミッションです。後輩たちが、それぞれのポジションで、私の経験を活かし、自分の経験を加味して、たくましく成長していく。そんな姿を見ると、この仕事を選んでよかったと思います。私の目標は、近い将来、ディストリクトマネジャーへ昇格し、より多くの店舗をマネジメントする仕事に取り組むこと。さらに、外食業界の仕事の魅力を社会に発信し、イメージアップに貢献したいと考えています。食べることが好き、コミュニケーション力に自信あり、人から感謝される仕事に就きたい、そんな方をお待ちしています。私たちと共に成長していきましょう。

森本侑治/
OFFの過ごし方

私は、兵庫県の尼崎市出身です。神戸市内の大学に学び、現在、京都府内の7店舗を担当しています。大学で体育会のフットサル部を立ち上げたこともあり、スポーツ観戦が趣味。特にフットサル観戦が大好きです。また、京都で働いているので、休日は地の利を活かし、京都の名所・旧跡巡りも楽しんでいます。京都はなか卯発祥の地であり、本家本元で働いている気持ちになります。最近では、会社の推奨図書を読むなど、スキルアップにつながる学びの時間も大切にしています。

PRIVATE

Heartful Career

NAKAU RECRUIT 2020

ENTRY